りょう

相手からキーワードを引き出す、明石家さんまさんに見る会話術

投稿日:2018年8月24日 更新日:

The following two tabs change content below.
りょう

りょう

北九州生まれの北九州そだちの36歳です。障害は躁鬱病を持っていて、仕事は営業や編集現場管理など様々な事を経験させてもらいました。自身の経験から色々お話しさせて頂ければと思います。よろしくお願いします。

コミュニケーションの苦手な方は目を通してくださるとうれしいです。

会話ってキャッチボールと言われます。

キャッチボールのイラスト「友達」

お互いに球を投げ合う事がコミュニケーションと教えられましたし、また多くの本にもそう書いてあります。でも実は違います。

会話で大事なのは聞くという事、そして返す言葉は相手の構えた取りやすいところに相手の望むスピードで返すという事です。

会話術がすごいお笑い怪獣

トップセールスマンや話の旨い人などは実はこの部類の人が非常に多い。

ずっと喋っているように見える「明石家さんま」さんですが、彼のすごいところは相手の持ち味の中から美味しいところだけを抜き出して調理しているところです。

さんまさんがずっと喋っているだけなら、「さんま御殿」や「恋のから騒ぎ」は成立しません。

テレビ番組のイラスト

またこれらの番組では、本来ならトークが苦手な、スポーツ選手や俳優、アイドルや素人などがイキイキと話している姿をテレビで見ますよね。

さんまさんは色んな話術を使います。そして相手の話を少しづつ引き出して、最後にそれを引き出して笑いに変える天才です。

また、色んな種類の番組出演者も自分の話を楽しく話しています。

それに対して的確に相槌やツッコミを入れる事で、話を盛り上げて、相手を楽しくさせて、より話を引き出すことがさんまさんのすごいところです。

ずっと喋っているように見えますが、よくよく見ていると半分ぐらい喋ってないんです。

相手に気持ち良く話をさせる事、これが実は会話で重要な事です。

世間話をする男性のイラスト

相手の話を聞き出すと意外とびっくりするほどしゃべる人もいる

人間は聞くよりも喋りたい人の方が多いし、人とうまく喋れることで楽しいと思う人が大多数です。

また、普段喋らない人でも、自分の得意な話になればビックリするぐらい喋る人もいます。

初対面でしゃべるので有効な事はまず会話のキーワードを色々相手に投げてみる事です。

相手が上手くキャッチして投げ返してきたことを、上手に引き出して、だんだん強い球を投げてもらうように誘導しましょう。

ボールを投げる男の子のイラスト

雑誌記者の経験から分析する会話術

私の雑誌記者時代の経験ですが、インタビューをした時にこちらが聞きたいことを聞こうとしても、相手があまりそれに乗り気でなければあまり話してくれませんでした。

なので方向性を変えました。

まずインターネットなどで相手の情報を探る。そして著書などがあればそれを読む。

特に著書を読んで、その内容を会話に盛り込むと話がはずみます。

また、相手の考えを知ることで、相手の話したい内容を探れます。

インタビューのイラスト

それを聞くことで、少しづつ信頼関係が生まれ、さらに話が深まってきます。

そうやって短い時間である程度の信頼関係が生まれてくれば、重要な話を相手がしてくれるようになります。

経営者が何もわからない若造に重要な話をすることはほとんどありません。

上手に会話で信頼関係を築き、何度も足しげく通うなり、会話を繰り返しているうちにだんだんと話を重要なシーンへ切り替えていくのがプロの会話術です。

最低3回は通ってからビジネスの話をする事が、営業の世界では非常に重要です。

モノを売るとは言います。ですがそのものを買うなら少しでも安いものというのが当たり前ですが、それはセールスマンの販売方法ではありません。

モノではなく信頼を売るのがセールスマンの販売です。

「安心・安全」のマーク

多少高くとも信頼のできる人から物を買いたいというのが人間の本音です。

戦後のようにみんな金がなかった時代ならともかく、ある程度裕福になった今の社会では信頼関係が最も重要な財産です。

いきなり飛び込んできて車を買ってくれと言って買ってくれる人はほとんど皆無でしょう。

信頼を得るのにそれでは時間がかかりすぎるというのであれば、相手が信頼している人からの紹介というのが最も信頼関係を早く築く方法でもあります。

まずは信頼関係から、お金の話は1割以下に抑える事が大事

それでもすぐにお金の話をするのはマナー違反です。

電卓を見せるセールスマンのイラスト(男性)

物事には順序があります。それを守る事は最低限のビジネスマナーです。

そして仕事をきちんとこなして会話をすることが一番信頼を得る近道です。

会話方法は、明石家さんまさんのように天性のものもありますが、ある程度は技術ですので身に付けておくとビジネスの場以外でも人に好かれる可能性は高まります。

The following two tabs change content below.
りょう

りょう

北九州生まれの北九州そだちの36歳です。障害は躁鬱病を持っていて、仕事は営業や編集現場管理など様々な事を経験させてもらいました。自身の経験から色々お話しさせて頂ければと思います。よろしくお願いします。

-りょう

執筆者:

関連記事

数字は言語、数学は思考・証明できないものはない?データの裏付け根拠の重要性

The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 りょう 北九州生まれの北九州そだちの36歳です。障害は躁鬱病を持っていて、仕事は営 …

日本とアメリカの違い!実際のアメリカから見た日本

The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 りょう 北九州生まれの北九州そだちの36歳です。障害は躁鬱病を持っていて、仕事は営 …

鬱の陰に潜む発達障害の影響

The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 りょう 北九州生まれの北九州そだちの36歳です。障害は躁鬱病を持っていて、仕事は営 …

28年ぶりにWHOが国際版病分類改正・新しくゲーム障害が追加されました。

The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 りょう 北九州生まれの北九州そだちの36歳です。障害は躁鬱病を持っていて、仕事は営 …

最強の便利ツール!スマートフォン、タブレットの活用方法と仕事

The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 りょう 北九州生まれの北九州そだちの36歳です。障害は躁鬱病を持っていて、仕事は営 …

プロフィール

プロフィール


ドリームネットシステムズは、合同会社ドリームネットシステムズが運営し、障害者総合支援法に基づく就労継続支援サービスA型を提供する指定事業所です。

当ブログでは、弊社の業務・障害福祉についての情報を発信しています→詳細はこちらから