ホワイトボードの楽描きコーナー イラスト アマクチ

【ホワイトボード】2019年5月11日~5月17日まとめ

投稿日:2019年5月17日 更新日:

The following two tabs change content below.
アマクチ

アマクチ

三度の飯と可愛い女の子と美人が大好き! イラストと音楽がないと生きていけない根っからの芸術っ子。 カレーは甘口しか食べられない。 詳しくはこちら!

こんにちは!

毎週金曜日にお届けしている、「アマクチの! ホワイトボード楽描きコーナー」!!

もう5月ですね!

新入社員の方々は、そろそろ自分のキャラ。個性を小出し程度に表現出来るくらいには職場に慣れた頃かと思われます。

しかし新しい環境には中々そんな簡単には馴染めないもので、人によっては強いストレスを感じ、上手く発散出来ずにため込むことがあるかと思います。

あまりため込んでしまうと私のようにうつ病になってしまいます。

余命いくばくもない系ヒロインが登場する映画を見て思いっきり泣くのもいいですし、ゲームで敵を倒しまくるのもいいですし、カラオケで思いっきり歌うのも良し!

とにかく、もやもやした時は発散しましょう!

アマクチ
犯罪じゃなければええんやで……!

私は最近ストレスのせいなのか、寝ながら壁を殴ったり蹴ったり叫んだりする頻度が高まりました。

夢の中で虫を裏拳で退治したり、普段気に入っていない相手に蹴りを入れたり、なぜか恨みを抱いていない相手でも殴ったりするんです。

ここ2~3年は続いています。

以前は殴ったり蹴ったりすると痛みで目が覚めたのですが、つい最近は殴った蹴ったの記憶がないことがあり、これは病院に行った方がいいのではと思い始めています……(汗)

昼寝をすると必ずうなされるので、それが嫌で、眠くても昼寝が出来ません。

アマクチ
殴ったり蹴ったりしないか不安で、友人とお泊りしてる時に一緒に寝られないのが辛い……!

これでは恋人が出来ても一緒に寝られませんね……。寒い冬に一人で寝るとかやだ!

「寝ながら暴力を振るわれるので別れました」なんて嫌ですよ!

5月11日

ゴールデンカムイ」の紅子(べにこ)先輩谷垣(たにがき)一等卒と、月島(つきしま)軍曹です!

尾形(おがた)上等兵とキロランケによって樺太に連れ去られたアイヌの少女・アシリパさん。

相棒である彼女を追って、主人公の杉元(すぎもと)くんは大日本帝国陸軍・第七師団の月島軍曹たち同行の下、北海道から遥々樺太(現サハリン)まで来ました。

そこでたまたま出会ったのが、曲馬団「山田一座」。

アマクチ
今で言う、サーカス団ですね。

樺太公演を大いに盛り上げれば、新聞か口コミで、杉元が樺太に来ていることをアシリパさんに知らせることが出来るのではないかと、杉元たちはそれぞれ何かしらの芸を教わることに。

杉元くんがハラキリショー鯉登少尉が軽業(長い竹竿をスイスイ登ってポーズを取ったり、綱を歩いて渡ったりする超人的な身体能力を披露する芸。)を披露することになる中、「曲芸の才能が全くない」と座長に言われた月島軍曹と谷垣一等卒は、演目の脇で踊る「少女団」に入れられます。

ただでさえ無表情なのに、更に「無」な顔をして踊りの練習をする月島軍曹と、踊りについて行けずフミエ先生に「おらおら源次郎ッ」「また手がお留守だよッ」「少女団だからって舐めてんのかい?」と怒られてばかりの谷垣一等卒。

「俺は少女団のお荷物です…ッ」と泣きながら、上手く踊れないことで悩む谷垣源次郎一等卒。

そんな時に、少女団のメンバーの一人・紅子先輩が、今度の樺太公演で一座を卒業しないといけないことを谷垣一等卒に伝えます。

ゲンジロちゃん
紅子先輩…ウソだろう?

紅子先輩のために、紅子先輩の最後の舞台を大成功で終わらせるために、ゲンジロちゃんは奮起します。

すっかり少女団に馴染んでいるゲンジロちゃんと、終始「無」で踊りの練習をこなす月島軍曹。

アマクチ
その温度差がまた、じわじわきます(笑)

 

5月13日

名探偵ピカチュウ」のピカチュウと、「ゴールデンカムイ」のアシリパです!

「名探偵ピカチュウ」、気にはなっているのですが、PVで登場したプリンが衝撃的すぎましてね……(笑)

アマクチ
まさかあんなにモフモフしてて毛深いとは思わなかった(汗)

「ゴールデンカムイ」のアシリパさんは、普段は本当に凛々しい美少女です。

あまりにも男前なので、大人になったら女性からもラブレター貰ったりしそうではありますね。

上のイラストにもありますが、「オソマ」はアイヌの言葉で「うんこ」という意味です。

アイヌには、味噌を食べる習慣がありませんでした。

主人公の杉元くんが、アシリパさんが作った汁ものを食べる際に、「味噌を入れたらもっと美味しくなるんじゃねぇか?」と提案。

「ミソって何だ?」とアシリパさんが言うので味噌を取り出して見せると、「それ、オソマ(うんこ)じゃないか……!」と声を上げるアシリパさん。

杉元
うんこじゃねぇよ味噌だよ
アシリパさん
うんこだ!!
杉元
うんこじゃねぇって。美味いから食べてみろよ
アシリパさん
私にうんこ食わせる気か! 絶対食べないぞ
杉元
うんこじゃねぇよ

…こんなやり取りが漫画では第2巻、アニメだと第3話で登場するのですが、とても好きです。

可愛い女の子がうんこうんこと大きな声で連呼するので、そこがまた笑えます(笑)

 

何だろう……ピカチュウでもアシリパさんでも、普段はあんなに可愛い顔をしているのに、こういう崩れた表情を見せると、こう…………いいですね(笑)

アマクチ
これがギャップ萌えか……。

 

5月14日

(主に心理学を応用している)実用的な忍術の紹介です!

「桂男の術」や「五車の術」は結構使えそうです。

「桂男の術」を応用すれば、例えば対象の近所に引っ越して、ご近所さんを装って信用を得て、ちょっとずつちょっとずつ有力な情報を聞き出す、なんてことが可能ですね。

「桂男の術」は場合によっては長期にわたるので根気がいりますが、「五車の術」は初心者でも使いやすそうですよ。

調子に乗りやすい上司をおだててその気にさせて、自分の要求を少しずつのませるのは立派な「喜車の術」です。

相手が怒るようなことをわざと言って挑発し、冷静な判断が出来なくなった相手を手のひらで転がすことは「怒車の術」

「これをしたいんだけど、今ちょっとお母さんの看病で忙しくて~!」なんて言って同情を誘い、可哀想に思った相手が代わりにそれをやってくれるように仕向けるのは「哀車の術」です。

他にも、対象の屋敷付近で体調の悪いふりをして、看病するからと相手側が屋敷の中に入れてくれるので、ちょっとしたら体調が良くなった風な演技をし、「お世話になったから」としばらく屋敷でお手伝いしながら、屋敷の間取りや住人たちの事情などの情報を収集するやり方もあります。

用が済んだら「おかげ様ですっかり体調もよくなりましたので……」とか「そろそろ故郷の家族が心配するやもしれませんので……」などともっともらしい理由を言って屋敷を離れればいいんです。

アマクチ
ちなみに私は、短期間で相手の信用を得るのが得意な方です。

かと言って、信用を得てそれにつけ込むなんて器用な真似は出来ないんですけどね(笑)

 

忍術には他にも、隠れている状態で「曲者だー!!」と叫び、何だ何だと家来たちが集まるので、その混乱に乗じて建物や陣地の中に侵入したり、逃げる時に隠れて「西に逃げたぞー!!」と叫んで追手が西に向かっている間に東に逃げる、なんて術もあります。

忍者は基本的に、逃げて生き延び、必要な情報を届けるのが仕事なので、戦うのはあくまでも最終手段です。

アマクチ
死んでしまっては情報を届けることは出来ませんもんね。

 

5月15日

ゴールデンカムイ」の第15巻、第17巻に出て来るロシア語(一部)です!

月島軍曹のセリフと、他の人物のセリフ両方から抜粋しました。

アマクチ
何だか物騒な言葉もありますが、気にしない!

挨拶とかそういう日常会話なら使う頻度が高いので、知っていても不思議ではないのですが、「頭をブチ抜いて殺す」て……。

月島さんは、一体どこで誰に教わったんでしょう(汗)

月島さんがロシア語を覚えた経緯なのですが、月島さんは今より若い頃、「結婚を約束していた幼馴染の女の子の死に、自分の父親が関わっている」という情報を得たことが原因で、父親を殴って殺害します。

当時は親を殺せば有無を言わさず死刑だったので、月島さんは死刑囚として牢獄にいました。

月島さんの父親は評判がかなり悪く、その息子である月島さんも、少年時代は一人の女の子を除いて島中の人から「悪童」「糞ガキ」などと呼ばれて嫌われていました。

その父親を亡き者に出来たので、月島さんはただ、牢の中で死を待っていました。

そこにやって来たのが鶴見さんです。

鶴見さんは、

「おれは情報将校としてロシアへ行く。お前は信頼できる優秀な通訳で部下だから連れていく」

と、死刑囚の月島さんに言います。

「いえ、全然ロシア語はわかりませんし、私は死刑囚ですよ?」

と動揺する月島さん。

「ならば死んだ気になって勉強しろ!!」

…と、鶴見さんに強く迫られて、それから色々あり、月島さんは鶴見さんの右腕として働くことに。

当時はインターネットが存在しないので、口頭で教えてもらうか、辞書を読んで覚えるかくらいしか、外国語を教わる機会はなかったでしょう。

ロシア語……英語のアルファベットに似た文字がちらほら見られるものの、恐らく英語ではないだろうし、文字を見てどう発音するのかサッパリです(汗)

「ハラショー!」

とか

「ウラー!」

「スパシーボ」

「フクースナ」「ズドラーストヴィチェ」

あとは「ダー」「ニェット」くらいしかロシア語がわからないので、もっとロシア語を知りたいなぁと思っています。

アマクチ
フランス語は綴りに法則を見出せず挫折しました……。

言語は、せめて挨拶だけでも出来るだけ多くの言葉を知りたいですが、相手が話す言葉を理解出来る自信がないです……!

英語だったら単語を拾えれば何とか理解出来ますが、ロシア語やフランス語、ドイツ語は未知の世界すぎてサッパリ……(汗)

ドイツ語で知っているのは、

「ヤー!」

「グーテンターク」

「ダンケシューン」

「イッヒリーベディッヒ」

「アイン」「ツヴァイ」

それから

「アインヒカイト ウントリヒト ウントフライハイト」

そして「ヴルスト」くらいですかね……。

学生時代は某国擬人化漫画が好きだったアマクチ
めっちゃくちゃ偏ってる(笑)

「アインヒカイト ウントリヒト ウントフライハイト」に至っては、意味を知りませんからね。どこで使うんだ……。

 

5月16日

第77期名人戦で戦っている、佐藤(さとう)名人豊島(とよしま)二冠です!

7番勝負とありますが、第7局まで全部戦わなくても、先に4勝すれば勝ちです。

全部の対局を同じ場所で行うのではなく、日本各地を転々としながら戦います。5月16日と17日は、福岡県の飯塚(いいづか)市で戦うスケジュールです。

アマクチ
豊島二冠は3連勝中なので、この第4局も勝てば、名人の称号を得て三冠になれます!

 

この名人戦、名人と戦えるまでがもう、長いんです……!

将棋のプロ棋士たちはそれぞれ、級(クラス)に入っています。(級はA級B級1組B級2組C級1組C級2組の5クラス。)

各クラスでの順位戦で優勝するか、それに準じる成績を挙げなければ、昇級は出来ません。

もし該当者が複数いた場合は、そのクラスでの順位が上の人が昇級します。

そして、名人戦で名人と戦えるのは、A級順位戦で優勝した人のみ。

アマクチ
つまり、A級にいなければ、そもそも挑戦権がないわけですね。

お互い持ち時間が9時間なので、単純計算で合わせて18時間。(挑戦者を決める段階である順位戦はお互い6時間。)

途中で昼食休憩をはさむとは言っても、18時間に及ぶ戦いを一日でやるのは流石にきつすぎるので、二日に分けて戦います。

今回のイラストを描いたのは5月16日。名人戦第4局の初日です。

初日は夕方過ぎに手番(てばん。指す順番が来てる側。)の棋士が「封じ手」といって、翌日の初手を紙に記し、立会人が見守る中、お互いのサインで封をします。(間違いのないよう、二つ用意します。)

アマクチ
自分の手番で封じ手を行うか、相手の手番で封じ手をさせるかも駆け引きです……!

翌日はまず、やはり立会人が見守る中、封じ手を開封。記したのと同じ駒を、記したのと同じ場所に指さなければなりません。

二日目は昼食休憩の他に、夕食休憩もあります。

昔は棋士が何を食べるかなんて大して注目されていませんでしたが、今は必ずと言っていい程、注文した食事の写真が上がり、どこのお店の料理かなどが紹介されます。

何を食べたか知ることで、ちょっと親近感というか、身近な存在に思えます。

スポーツ界でもそうですが将棋界も、若い人や女性たちといった、今まではそこまで関心がなかったであろう客層を呼び込みたいみたいです。

昔は「将棋はじいちゃんたちが楽しむもの」というイメージが強かったのですが、テレビやネットの記事を見ていると、佐藤名人や藤井聡太七段などなど、若い世代の勢いがものすごいんです!!

ちなみに私が今気になっている棋士は、中村太地(なかむら たいち)七段です!

アマクチ
一部から「画伯」と呼ばれる程、中々個性的な似顔絵を描きます(笑)

女流棋士だったら和田あきさんが好きですね~!

テレビで解説やってるのを見る度に、あきちゃんあきちゃん呼んでます(笑)

 

5月17日

一人旅行のメリットの紹介です!

Twitterで話題になっていたので色々考えてみたら、ざっと思いついたのはこの5つ。

私にとって一番大きいメリットは、どこに行くか何を見るかを本能の赴くままに決定出来る点です!

勿論、大好きな人でなければ友人関係にはならないので、友人と一緒に旅行に出かける時はもう、テンションが上がります!

私の友人たちはそれぞれ、家庭を持っていたり恋人がいたりで忙しく、そんな頻繁に会えるわけではありません。

だからなのか、会える時はもう嬉しくって嬉しくって……!

アマクチ
自分が犬だったら尻尾をブンブン振ってるだろうし、猫だったら尻尾をピーンと立ててます(笑)

だけど旅行となると大体は泊りがけなので、仕事の都合なんかが合わず、友人と一緒に旅行に行くのはハードルがちょいと高めです(汗)

そこでオススメなのが、一人旅行なんです!!

自分の都合で全て決められるので、本当に、気楽なもんです。

昔と違って現代は、GoogleなりYahooなりで、行きたい場所の情報を簡単に入手出来ます。道に迷った時は、交番を探さずとも検索すれば大体は解決します。

「人と一緒に行った方が絶対楽しい」と仰る方々は目立ちますが、そう豪語する方々の場合、いくらこちらが一人旅行の良さを説いたところで恐らく、理解はしてくれません。

人と一緒の方が「絶対」楽しい、と考えているからです。

なので思うのですが、それの良さは自分が知っていれば良いことですし、そう思っていない人たちに無理に理解してもらおうと、自分の貴重な時間をわざわざ割くことはありません。

アマクチ
どっちの方が楽しいか決めることは多分、永遠に決着がつきません。

人と一緒に行っても楽しいですし、一人だけで行っても楽しいのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ああ~、名人戦!!

どうなるんでしょうね……!

本日、つまり5月17日は二日目なので、

豊島さんが勝てば、王位と棋聖と名人で三冠!

佐藤名人が勝てば、4戦1勝3敗で、首の皮一枚つながります。

午前中や昼過ぎではまだまだ結果はわからないはずなので、夕方以降にチェックしようと思っています。

 

The following two tabs change content below.
アマクチ

アマクチ

三度の飯と可愛い女の子と美人が大好き! イラストと音楽がないと生きていけない根っからの芸術っ子。 カレーは甘口しか食べられない。 詳しくはこちら!

-ホワイトボードの楽描きコーナー, イラスト, アマクチ

執筆者:

関連記事

生きててえらいね!アラサーヲタ女子のうつ奮闘記【後編】

The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 アマクチ 三度の飯と可愛い女の子と美人が大好き! イラストと音楽がないと生きていけ …

【ホワイトボード】2019年6月10日~6月13日まとめ

The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 アマクチ 三度の飯と可愛い女の子と美人が大好き! イラストと音楽がないと生きていけ …

【ホワイトボード】2019年6月3日~6月7日まとめ

The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 アマクチ 三度の飯と可愛い女の子と美人が大好き! イラストと音楽がないと生きていけ …

【ホワイトボード】2019年4月8日~4月12日まとめ

The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 アマクチ 三度の飯と可愛い女の子と美人が大好き! イラストと音楽がないと生きていけ …

【ホワイトボード】2019年5月28日~5月31日まとめ

The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 アマクチ 三度の飯と可愛い女の子と美人が大好き! イラストと音楽がないと生きていけ …

プロフィール

プロフィール


ドリームネットシステムズは、合同会社ドリームネットシステムズが運営し、障害者総合支援法に基づく就労継続支援サービスA型を提供する指定事業所です。

当ブログでは、弊社の業務・障害福祉についての情報を発信しています→詳細はこちらから